友人のバル

bar10高校時代の友人は、高校卒業後、色々と人生に迷っていたらしいのですが、数年たった後、ついに料理人を目指そうということになりました。
そこで始めたのが、レストランでのアルバイトです。

しかも、そこがスペインバルとスペイン料理レストランがうまくミックスしたような場所だったようです、これを機に、「いつか私もスペイン風バルを開くぞ」と、ずっと夢見たようです。

そして、彼女は本当に夢を実現し、都内の一等地ともいえるような場所に夢のスペイン風バルを造ったのです。

どちらかというと、スペインやイタリアでのバルというのは飲むことがメインというような感じがしますが、彼女は料理人です。
ですから、スペイン料理、タパスやピンチョスをメインにして、お酒も楽しめるような彼女らしいスペイン風バルをコンセプトに作り上げたのです。

しかも、料理もそのままスペイン風ではなく、彼女風にアレンジした、日本とスペインのコラボタパスという感じで、女性ならではの感覚になっています。
やはりシーフードにジャガイモやオリーブオイルを使った料理が多いのですが、そんなにギトギトしていなくて日本人が食べやすいスタイルになっていました。
そして、誕生日にはケーキもサービスしたり、心配りも素敵です。